内臓脂肪を減らすには?おすすめサプリメント

内臓脂肪を減らすには?!サプリメントが効く

内臓脂肪レベルとは何?

 

メタボリックシンドロームは何によって判断されるかというと、そのひとつの指標が内臓脂肪です。この内臓脂肪はわかりやすく表に出てこないので、それほど太っているようには見えないけど実はメタボなんてことがあります。

 

肥満の人がよく槍玉にあげられるのは、肥満の人が内臓脂肪が高い傾向にあるというだけで、実際にはやせ型と思われている人の中にも内臓脂肪の数値が高い人もいるのです。

 

だから、自覚がないまま放置している人も少なくありません。ですが、最近はありがたいことに家庭用の体重計でも内臓脂肪やその他の体内脂肪が計れる体重計が多数登場してきました。

 

有名なメーカーですと、タニタや健康機器のメーカー「オムロン」などから、内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)まで測定可能な高性能の体重計が販売されています。

 

「体重計」という言い方でなく、「体組成計」という商品名で売られているものであれば、それは内臓脂肪率が量れるものがほとんどだそうです。さて、それでは内臓脂肪率とは何でしょうか?これは別名、内臓脂肪レベルとも呼ばれています。

 

ほとんどの人は、「内臓脂肪の量」が測れたところで、増えた減ったで一喜一憂するだけで、それがどの程度多いのか少ないのかということはわかりませんよね?実は内臓脂肪は重さや量ではなく、おへその部分の断面積中の脂肪の面積で表します。それでも100平方センチメートルだと聞いても多いのか少ないのか、健康なのか不健康なのか判断することは難しいですね。

 

ですから、それを判定するための「指標」が必要なのですが、それをメーカーが割り出して内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)という形で教えてくれています。この内臓脂肪レベルによって、平均値と比較することができ、健康不健康の判定もメタボ危険度も教えてくれるわけです。なので体重計のメーカーによって多少基準の数値が変わってくることはあります。

 

とはいえ、どのメーカーも実際のデータから数字を割り出していますから、大きな差が出るわけではありません。上記の内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)ですが、どうやってはかるのかといえば、内臓脂肪レベルを量る機能がついている体組成計に乗るだけです。

 

体組成計は「身体の組成を計ってくれる」ので、内臓脂肪レベル以外にも、体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝、体年齢など、さまざまなことを測定することができます。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)を測る方法には、こんな方法があります。

 

方法1:自分で体組成計を購入する
だいたい量販店で3000円程度からあります。有名メーカーでは、タニタやオムロンなどがあります。これらはほとんど内臓脂肪レベルまで測定することが可能です。少々コストはかかりますが、毎日、いつでも測定することができるので、内臓脂肪率の変化がわかりやすいということがあります。

 

今ではそれほど高価でもないですし、他にも体脂肪率や基礎代謝などいろんな数値が測れて有用ですので、ひとつ持っておいても良いかと思います。ただ、商品によってはお目当ての機能が無い場合もありますので、必ず店員さんに確認してから購入するようにしましょう。

 

方法2:内臓脂肪レベルの計測をしてくれる場所に行く
たとえば、スポーツセンターやフィットネスクラブなどには、ほとんどの場合は体組成計が置いてあります。最近ではスーパー銭湯やサウナなどにもよく置いてますね。もしこういう場所に定期的に通う機会があるのでしたら、そこで日をなるべく決めて体組成計に乗って測定してみると良いでしょう。

 

どういう方法をとるにしても、体調やその周辺の食事によって数字が変わりやすいので、定期的に測定しながら平均を考えることが重要です。

 

 

内臓脂肪と食事

 

見えないけど気になる内臓脂肪を手っ取り早く落としたいと思う人はきっと多いと思います。そのためのベストの方法といえば、やはり食事制限とカロリー制限です。内臓脂肪ができるのはカロリー過多や、脂肪分や栄養の過剰摂取ですから、それが無くなれば自然に減るはずですよね。

 

これらの脂肪分を燃やしてエネルギーにするためには、逆にカロリーを減らして現在体内に残っている脂肪分を燃焼させるようにできれば問題は解決します。当然ですが、人間の体は食べたもので作られています。

 

いつも命と食事は切っても切り離せない深い関係になっていますので、その食事の内容で、内臓脂肪は決まるし、究極的には命の生死まで決まっていくのです。ですから食事にはどれほど気をつけても足りませんね。それでは本題、どういう風に食生活を直していけばよいでしょうか。

 

まず、脂身の多い肉や油もの中心の食事は避けるようにしましょう。油の中でも特に動物性の油脂であるバターはカロリーが高く体に溜まりやすいですし、そして排出されにくい脂分ですから注意しなければなりません。特にマーガリンは植物性の油だから動物性のバターより体にいいと、間違ったた知識を持っている人が多いのですが、マーガリンの油はプラスティックオイルと呼ばれることもあります。

 

植物油と言うのは元々は液体の物質なのですが、マーガリンは、これを乳化させて固形物質に加工されています。この過程で使用される成分がプラスティック原料と同じ成分なのです。

 

このような成分が体内に入るなら、ナチュラルな植物油とは体への負担が違いますし、更にはトランス脂肪酸と言われる肥満の原因となる脂肪酸も多く含まれています。トランス脂肪酸は内臓脂肪型の肥満を引き起こす事でも有名なものですから、注意しなければなりません。

 

トランス脂肪酸が含まれる食品として気をつけるべきは、前述のマーガリンをはじめ、ショートニング、加工油脂、コーヒー用クリーム、ファストフード各種、アイスクリーム、冷凍食品、インスタント食品などがあげられ、私たちは普段、これらを利用した加工食品に囲まれていますから、かなり注意しないとこのトランス脂肪酸を避けることは難しいのです。

 

とは言っても、甘いものも食べたいですよね。その場合は、良質な植物油をなるべく使ってスイーツを作りましょう。オーガニック食品店ではトランス脂肪酸に気をつけ、動物性の油脂を使わず、それでいて美味しいお菓子が沢山販売されています。

 

また、自分でお菓子作りが出来る場合などは、バターを控えてバターの代わりに良質な植物油を使ってお菓子作りをするなどやってみると、トランス脂肪酸の脅威を避けることができますし、カロリーも半減できますから一石二鳥です。

 

下記に、インターネットでみつけた、植物油で作る簡単なクッキーのレシピをご紹介します。手作りが苦手な方も得意な方も、是非挑戦してみてください。低カロリーで、バターを溶かす必要がない分だけ簡単で美味しいですよ。

 

【植物油で作る低カロリークッキーの作り方】

 

◎材料
・サラダ油 30g
・たまご 1個
・砂糖30g
・薄力粉 100g

 

◎作り方
・ボールに、サラダ油・砂糖・卵を入れて良く混ぜます。
・上記に、薄力粉を加えて練ります。
・一本の棒状に形を整えてラップに包み、冷凍庫で1時間以上ねかせます。
・硬く凍った事を確認して取り出し、一口サイズに切っていきます。
・これを180度に温めたオーブンで焼けば出来上がりです。

 

冷凍庫に入れなくとも、そのままクッキーの形に入れてそのまま焼いてもいいです。でも、一度冷凍庫で凍らせてから焼くと形も綺麗になり、歯ごたえも変化して面白いですよ。

 

お好みでゴマやアーモンド・ココナッツなどを入れても、栄養面も一層強化され、風味もいろいろになって美味しいです。料理をすることでもカロリーは消費できますから、ダイエットだと思って簡単で美味しい手作りスイーツに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

内臓脂肪に効果ありのラクトフェリン

 

内臓脂肪を減らすためのサプリメントがあるのなら、ぜひとも試したいと思いませんか?だって、食べるのが好きで結果として内臓脂肪が増えているのですから、どうせなら食べて直したいものですよね。

 

それでそういう内臓脂肪を落とすサプリは多数出ているのですが、副作用を気にする方も多いと聞いています。

 

サプリメントの中には、体に過度な負担を掛けてしまうものや、体質に合わなくて体調を崩してしまうようなものもありますし、刺激が強くて続けられないものもあります。こういった事は成分や商品内容を十分確認してから購入したいのですが、専門的な知識も必要なことが多いので難しいところです。

 

内臓脂肪を減らしたい、痩せたいというのは健康のためですから、健康のために健康を崩したら元も子もありません。そうした内臓脂肪を減らすサプリメントで、かつ副作用の少ない、体への負担も少ないとして人気があるのが、最近注目されているラクトフェリンを配合しているサプリメントです。

 

 

ラクトフェリンというのは、乳由来の成分で、人の母乳や牛のミルク、ナチュラルチーズなどに多く含まれています。自然に存在する成分ですので、人工的に合成した成分と比較してもダイエット効果がありつつも、圧倒的に体への負担が軽く使いやすいというのが人気の秘訣となっているようです。

 

そして、やっぱり安心・安全なんですよね。刺激なども少なく、味もマイルドで、幅広い年齢層の方に受け入れられやすいものだと思います。ラクトフェリンのサプリメントの多くは、その成分を抽出して濃縮したものになっていますので、品質を損なわずに成分を摂取することが可能です。

 

基本的には安全性の高いラクトフェリンですが、もちろん誰にでも安全というわけではなく、乳製品が駄目、アレルギーがある、お腹が弱い、という方であれば摂取したことで体調が崩れてしまうこともありますので、注意した方がいいと思います。使わない方が無難でしょう。

 

基本的には乳製品に抵抗がない方が利用するなら、おすすめです。現在もラクトフェリンについては世界中で多くの研究がされていて、更なる応用や効果的な利用方法がないか研究がされています。

 

まだまだ未知の部分があると共に、人体に有用な成分が多いからこそ研究が続けられているのでしょうね。こうしたサプリメントを使って内臓脂肪が減少し、お腹が引っ込んでくれたら、本当に嬉しい悲鳴ですから研究者の皆さんにも頑張ってほしいと思います。

 

自分でできる脂肪肝の改善方法

 

脂肪肝の改善方法
「脂肪肝」は、あまりにもひどい場合は、病院での治療が必要になりますが、日頃の生活が「脂肪肝」に大きく影響していますので、たとえ発症したとしても自分次第で改善することは可能です。

 

「脂肪肝」の改善方法についてみていきましょう。

 

<食事のカロリー>
毎日食べる食事のカロリーに注目してみてください。脂っこい食べ物・甘いものを毎日食べていると血液中のコレステロール値が上がって、脂肪が付きやすい体質になり、肝臓につく脂肪も増えて「脂肪肝」となってしまいます。

 

1日のカロリー摂取量を気にするよりも、低カロリーの食事を摂るようにしましょう。特に、脂肪が多い肥満体形の人や高血圧人は食事には十分気を付けてくださいね。

 

<適度な運動>
「脂肪肝」になっている体の状態は太りやすい体質になっています。肝臓に脂肪が溜まって「脂肪肝」になります。では、その脂肪を取り除かなければなりません。体質改善を行う必要があります。痩せ体質に改善する事が必要に…つまり新陳代謝の良い体づくりをしなければいけませんね。

 

では、新陳代謝を良くするにはどうすれば良いのでしょうか?運動をすること!運動と言えば、激しい運動をしなければ…と思う人が多いと思いますが、散歩・ウオーキング・ストレッチで十分な運動になります。

 

ただし太ってる人が、いきなりウオーキングやストレッチなど始めると足や腰に負担をかけることになる場合もありますので、付加の少ない水中運動から始めてみるのも良いかもしれませんね。

 

<飲み物を変える>
普段飲んでいるジュースやコーラは糖分が多く含まれていますので、肝臓に脂肪が溜まりやすくなります。そこで、飲み物を【水】に変えてみましょう。【水】に変えるだけでも随分違ってきます。

 

コーヒーを飲む場合もブラックコーヒー(無糖)を飲むようにしましょう。飲み物を【水】に変えて、できるだけ沢山飲むようにしましょう。毎日1?〜2?の【水】を飲むと体内に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるので、痩せやすい体質に改善できます。

 

参考サイト肝臓サプリランキング@肝機能回復に効果あるのは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴